小柄で礼儀正しい最高の風俗嬢

18時から出勤予定の女の子を物色していると身長142センチの風俗嬢がいたので、指名しました。僕は背の低い女の子がタイプですので、今回の風俗嬢はピッタリでした。部屋で待つこと20分。この時間って長く感じますよね。そしてノックが聞こえたのでドアを開けると、本当に背の低い女の子が現れました。ヒールを脱ぐとさらに小さく見えます。キスをしたあと、耳を舐めて首を舐め、股間を触ってみるとビショビショでした。「かなり濡れてるね」「耳が気持ちいいんですもん」「じゃあ、もっと耳を刺激してあげる」「あ・・・ああ・・・っ!」小柄な彼女をぐいっと引き寄せると僕にしがみつくような体制を取り、僕はそのまま耳を舐め続けました。胸も刺激して、股間に指を入れてかき回し絶頂させました。「次はボクをいかせてほしいな」「もちろんです!よろしくお願いします!」健気で可愛いなぁと思い、フェラする彼女の頭を撫で続けました。名前も覚えたし、次からは指名しちゃいたいと思います。理想な風俗嬢でした。